注目記事
青汁の飲み方、おすすめアレンジ方法

青汁は独特の風味や苦さがあり、栄養抜群なのは分かっているけど敬遠している方も多いと思います。

便秘予防・ダイエット・美肌など女性に嬉しい成分が沢山含まれておりますので
美味しく摂取できるのが理想的ですね。

青汁にひと手間加える事で飲みやすくなるアレンジがありますので、是非試してみてくださいね♪

青汁ひと手間のアレンジ方法

・抹茶ミルク風


温めた牛乳とに青汁を混ぜると抹茶風になって美味しく飲む事ができます。
砂糖で甘さをプラスすると、カフェで提供されている抹茶ラテの様なオシャレな
味わいになるドリンクレシピです。

牛乳+青汁+きな粉で作ると青汁からは取りにくいイソフラボンやタンパク質も一緒に摂取できます。
豆乳が好きなら牛乳→豆乳に変えてもOK!イソフラボンも更に増します。

バストアップや肌のハリ・髪のツヤもケアできて特に女性にオススメです。

・野菜ジュースやレモン果汁で爽やかな飲み心地

青汁と同じく野菜ジュース・フルーツジュースは野菜から作られているので混ぜると
匂いや苦みが和らぎ飲みやすくなります。

元々フルーツジュースに青汁の成分が入ったものも市販されていますが、
自分で割ることで好みの味に調節できますしカクテル作りの様で楽しいですよ♪

レモン果汁を数滴入れると後味がスッキリ爽やかになります。

レモンを加えることでリモネンのリラクゼーション効果やビタミンCにより
青汁の栄養成分吸収率もアップします。

・青汁+カルピスは飲みやすくてスッキリ快腸

青汁にカルピスの原液を加えて水で濃さを調節します。
青汁の味が苦手な方には全体の1〜2割程度の割合がオススメ!

カルピスの甘さが青汁の苦さをマイルドにしてくれます。

ケールを使った青汁よりもフルーツ青汁のタイプの方がカルピスにはピッタリです。

カルピスに含まれる乳酸菌で更なる整腸作用・便秘解消効果も期待できます。

カルピスウォーターで作るとやや青臭さが残ってしまいますので、
ジュースタイプのカルピスウォーターはなく原液を使いましょう。

おすすめの記事