注目記事
青汁を使った、グリーンスムージーの作り方

野菜不足の方に人気のグリーンスムージー。


家でも手軽に作れて効率よく栄養を摂り入れられることで人気があります。
基本的には小松菜やパセリ・青汁に使われているケールなどの葉物野菜と果物を合わせて作ります。


この葉物野菜の代わりに青汁を入れると簡単に青汁スムージーが作れるのです。
生野菜を揃えるよりも簡単で保存もききますし、コスパも良く続けやすいのでオススメ♪


青汁スムージーに加えるイチ押しフルーツを紹介しますので、
自分のニーズに合わせて組み合わせてみてくださいね!

青汁スムージにおすすめのフルーツ

・バナナ


何と言っても人気なのはバナナです。優しい甘みで飲みやすく青汁とマッチします。

バナナの糖質はエネルギー補給が長時間維持しますので忙しい朝の朝食代わりにもなります。

抗酸化作用によってがんの予防や生活習慣病にも効果があります。

・りんご


「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほど栄養豊富なりんご。

内臓脂肪を減らす成分のプロシアニジンも話題になっていますね。

青汁に含まれる食物繊維が満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎ、
りんごのプロシアニジンによってダイエットの相乗効果も得られます。

りんごと青汁のグリーンスムージーは食前に飲むのがオススメです。

・ブルーベリー


アントシアニンが豊富で目に良い事で有名なブルーベリー。

実は青汁に使われるケールに含まれるルテインにも視力維持の働きがあります。

ダブルで摂取することでより目に優しくケアしてくれますので、
パソコンのブルーライト疲れやデスクワークなどの眼精疲労の悩みの解消にも繋がります。

おすすめの記事