注目記事
青汁の人気成分ケールによるアレルギー抑制パワー!

最近はいろいろなアレルギーを発症する人たちがとても増加しています。

例えば特定の食品による食物アレルギーの他にも、アトピーや花粉症など突然発症する場合も。

青汁には体質改善効果があることから、これらのアレルギー予防に効果があると言われています。

最近は青汁の成分として人気の「ケール」に含有する成分に、アレルギー抑制に対しての有効性が認められ、ますますアレルギー予防として青汁に熱い目が向けられているのです。

■アレルギーについて

アレルギーは一体どういうメカニズムで起こるのか、ざっくりと分かりやすくご紹介したいと思います。

アレルギーを予防するためにも、まずアレルギーを知っておくことからスタートしましょう。

アレルギーとは免疫機能の錯覚から生まれる

私たちはウイルスや細菌など、外敵から体を守る機能が備わっています。

つまり何か異物が侵入したときに、それを察知し、攻撃するという免疫機能が備わっているのです。

外敵は口から入ることもあれば皮膚、目、鼻などの粘膜から入ってくる場合もありますが、免疫はこれらの外敵から体を守ってくれる素晴らしいシステムと言えます。

今まで外敵と感知されなかった物質でも一度外敵と認識されてしまうと、その後その物質が侵入したときは外敵として攻撃を与えてしまいアレルギー症状が出てしまうのです。

原因物質

錯覚によって攻撃が始まってしまうアレルギーの原因物質を「アレルゲン」や「抗原」と言います。

アレルゲンとしてよく知られているものでは、花粉、ハウスダスト、ダニなどがありますが、例えば人によってアレルゲンが同じでも花粉症になったり、喘息になったり、体に出る症状はさまざまです。

他にも金属、薬物、食物、動物などもアレルゲンになることも。

一般的には別に異物と感じにくいものでも、生まれつきアレルゲンを持っている場合もあります。

しかし体が「もうこれは危険だ!限界だ!」と感じる量を取り入れたっことで、急に体がアレルゲンと見なすようになりアレルギーを発症させることも少なくありません。

免疫機能の錯覚とは

免疫機能の錯覚とは、体が異物と決めてしまったアレルゲンが体内に侵入することで、これを退治しようとする「IgE抗体」というタンパク質がつくられます。

皮膚や粘膜などにたくさん存在しているマスト細胞に、この「IgE抗体」がいくつも合体し外敵を見つけるアンテナになってしまいます。

そしてアレルゲンがこのアンテナにひっかかると、マスト細胞の中のヒスタミンという化学物質が大量に放出され、その結果痒みや痛みなどのアレルギー症状が出てしまうのです。 アレルギーは体が普通の状態では特に危険性のない物質を、危険物質と錯覚したことによって起こる疾患と言えます。

■青汁成分に人気の「ケール」のアレルギー抑制パワー

青汁の元祖成分としてビタミン、ミネラル、抗酸化成分など豊富に含まれた人気の高い野菜ですが、近年アレルギーを抑制させるパワーがあることが判明したのです。

ファンケルの研究では、アトピー疾患を持つ「ケール」主成分の青汁を習慣的に飲んでいる人と飲まない人との調査を実行。

「ケール系青汁」を飲んでいる人は飲まない人より、アレルゲンを攻撃する血中好酸球が少なく、IgE抗体も減少していると判明しました。

そして野菜類に含まれており、特に「ケール」に多く含有する「糖脂質」がアレルギーに有効だということが決定付けられました。

また皮膚内の水分量も飲んでいない人に比べ多くなっており、肌の保湿向上+IgE抗体の減少+血中好酸球の減少という3つの結果からアトピーの予防、改善効果が期待できることが分かったのです。

他にも花粉症の原因であるインターロイキン4(IL-4)を抑制することも判明。

またケールに含まれているポリフェノールの一種「フラボノール配糖体」に、強力な抗酸化作用、抗アレルギー作用、血糖値上昇抑制作用が存在していることも特定されたのです。

このことから「ケール」にはアトピーの症状の軽減効果が期待されると発表されました。

また現在は特にアレルギー症状が出ていなくても、家族にアレルギー疾患を持つ人がいるなど、アレルギー体質を持っている人にとっても「ケール」はおすすめ成分なのです。

おすすめの記事