注目記事
青汁って何から作られているの?

青汁とは「生の緑葉野菜のしぼり汁」の事を指し、商品によって様々な原材料が使われています。

ケール・アシタバ・大麦若葉が主な原料となっていて、栄養素をプラスしたり飲みやすくするために他の野菜や果物が加えられます。

それらはメーカーや種類によって違いがあり、いちがいにこれが主原料だと言うことはできません。そこで主原料にはどのようなものがあるかをご紹介しましょう。

・主原料となるケール・アシタバ・大麦若葉の栄養成分と効能を紹介


【ケール】

元祖青汁に使用された「ケール」。
アブラナ科の野菜で緑黄野菜の王様と言われているスーパーフードの1つです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれ、特にビタミンCの含有量は抜群。
またビタミンB群が多いため、貧血などにもおすすめの野菜です。最近はケールがスーパーの野菜売り場などにも見られるようになりました。 苦みが特徴です。

ケールはβ-カロテンを多く含む緑黄色野菜です。

β-カロテンは皮膚や粘膜の健康維持、シミ対策として美肌効果もある嬉しい成分です。
カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれており高血圧予防・骨密度の増加・脳卒中の予防に効果があります。

【明日葉】

今日摘んだらまた明日には芽が出ると言われている「明日葉」。
ネーミングのとおり強力な生命力を持ったセリ科の植物で、カルコンという「明日葉」特有の強力な抗酸化物質をたくさん含んでいます。

カルコンは血圧を下げるという結果も報告されており、成人病予防を考えている人におすすめの青汁原料なのです。

アシタバが含有するカルコンは独特の粘り成分が特徴です。
この粘り成分にはがん予防や動脈硬化の予防に効果的で、他にも抗菌作用で呼吸器系器官を守る働きがあります。そしてなんといっても食物繊維が豊富です!

お通じやシミ・そばかす対策などの美容効果も期待できます。

【大麦若葉】

今、青汁の主原料の中でも人気の高い「大麦若葉」。
ビタミン、ミネラルが豊富な上、大麦若葉に多く含有しているSODなど強力な抗酸化物質が豊富に含有。食物繊維もとても多く、野菜不足の日本人にはピッタリです。味がまろやかでとても飲みやすいことからも、人気のある原料と言われています。

大麦若葉には食事で不足しがちなビタミンB1・ビタミンCなどのビタミン類や亜鉛がバランスよく含まれています。ビタミンによって疲労回復効果があったり、日焼けを防いでくれるので美白美肌にも効果的です。

亜鉛は骨の形成や肝臓・腎臓・すい臓など、組織の細胞生成を活性化させるミネラルで、免疫機能の向上や新陳代謝アップに繋がります。

おすすめの記事