注目記事
青汁の過剰摂取は避けるべき!

青汁はとても素晴らしい健康食品ですが、やはり過剰摂取は避けなければなりません。

青汁の過剰摂取について考えてみましょう。

■どんなものでも食べ過ぎは良くない

青汁は食べものです。

どんなに体に良いものであっても食べ過ぎれば、胃が張ったり、下痢をしたり、吐き気を感じることもあります。

青汁も高い栄養素を持っているからこそ、過剰摂取は避けるべきなのです。

青汁はそれぞれ種類別に1日の目安量が明記されているので、それを必ず守るようにしましょう。

■食物繊維の取り過ぎに注意

食物繊維不足の日本人にとって、食物繊維が豊富に含まれている青汁はとても理想的な健康食品です。

しかしその反面、青汁の過剰摂取によって食物繊維の過剰摂取となり、腹痛、下痢、吐き気などの要因になってしまいます。

せっかく豊富なビタミン、ミネラルを青汁から摂取しても、排出してしまうことになっては台無しです。

■ビタミン類の取り過ぎに注意

青汁は栄養豊かな野菜類からできているため、ビタミン類も豊富に含まれています。

また種類によっては青汁にビタミン剤の添加をしたものも。

そのため青汁の過剰摂取はビタミンの取り過ぎにもなってしまうのです。

ビタミンの過剰摂取は逆に健康障害につながってしまいます。

特にビタミンの取り過ぎに関しては、1回、2回の取り過ぎより、毎日の取り過ぎで悪影響が出てしまうので、毎日の摂取量に注意しましょう。

おすすめの記事