注目記事
スムーズな睡眠をサポートする青汁効果

最近「眠れない」「寝つきが悪い」「朝すっきりしない」など、睡眠に不満を持っている人はとても多いと言われています。

特に日本人成人5人に1人は睡眠に不満を抱いていると言われているのです。

厚生労働省が提起する野菜不足やストレスと深く関わる、睡眠の改善と青汁について考えてみましょう。

■睡眠の重要性

睡眠不足によって仕事でのミスが増えたり、いつもの仕事が必要以上に時間が掛かったりと集中力が落ちることもあります。

睡眠不足という自己意識がなくても、起床時にすっきり感がない場合は睡眠不足が疑われるのです。

睡眠中は単なる体を休めるだけでなく、細胞の修復や再生など新陳代謝を行い、毎日の健康を保っています。

そして成長ホルモンなど生きるために不可欠な、さまざまなホルモン分泌もほとんどは睡眠中に行われるのです。

しかし新陳代謝やホルモン分泌は質の良い睡眠中でなければしっかり行われません。

そのため睡眠不足により体調不良、集中力低下、鬱的症状などいろいろな側面でトラブルが発生します。

また成人病や肥満など、さまざまな深刻な疾病にもつながると言われているのです。

■睡眠のメカニズム

睡眠不足の原因はいろいろありますが、多くはストレスが多いと言われています。

現代のようにストレスに囲まれていると、睡眠トラブルが増えるのも不思議ではありません。

健全な睡眠のためには、朝起きる頃になると「セロトニン」という元気を出すホルモンが優位に分泌し、夜になると、睡眠ホルモンと言われている「メラトニン」というホルモンが優位になります。

「セロトニン」と「メラトニン」は表裏一体となり、バランスよく朝と夜で優位が変化するのです。

そしてこれらのホルモンは自律神経とも深く関係があります。

朝になると交感神経が優位になり活動的な体制となり、夜は交感神経から副交感神経へ優位が交代し自然に眠くなります。

つまり朝、交感神経が優位になるときには「セロトニン」が優位になり、夜副交感神経が優位になると「メラトニン」が優位になるのです。

例えばストレスが溜まると交感神経が夜になっても優位になり続けてしまい、なかなか副交感神経が優位になりません。

つまり「メラトニン」がなかなか優位にならずに寝ようと思っても眠れなかったり、寝付いても熟睡できないということが起こります。

そのため睡眠にトラブルを感じている人は、睡眠の1時間ほど前から寝室を暗めにして静かな音楽を聴いたり、本を読むなど心を落ち着けて副交感神経を優位にします。

それによって「メラトニン」の分泌も優位になり良い睡眠が取れるようになるのです。

■青汁パワーによる睡眠トラブル改善

○「メラトニン」不足を改善

睡眠のメカニズムをざっくりご紹介しましたが、睡眠ホルモンとも言われている「メラトニン」と「自律神経のバランス」が、良質な睡眠の鍵を握るということがお分かりになったと思います。

「メラトニン」は人の体の中で生成されるホルモンですが、実は1995年に植物にも存在することが判明。

そのため野菜や果物から摂取できることが分かったのです。

例えば体内時計が狂ってしまう人の多くが野菜不足という傾向が見られ、野菜や果物の重要性も報告されています。

野菜不足の日本人にとって、青汁は「メラトニン」を増やし睡眠をサポートすることができるのです。

○自律神経を整える

睡眠ストレスは交感神経が優位になったまま副交感神経がなかなか優位にならないといった、自律神経のバランスが乱れが原因です。

実は自律神経の司令塔とホルモン分泌の司令塔が脳内同じところにあることから、両方とも影響を直接受け合います。

そのため自律神経のバランスが乱れると睡眠トラブルが起こるだけでなく、ホルモンバランスも乱れるのです。 青汁にはホルモンバランスを整えるビタミンB群、ビタミンE、亜鉛、カルシウムなども豊富に含まれて

おり、ホルモンバランスの乱れを整えることで自律神経の乱れを整える効果も期待できます。

このようにさまざまな面から青汁は睡眠トラブルを改善していくことができるのです。

おすすめの記事